• 「氷河日記 アイシーベイ」 発売のお知らせ Book "Glacier Diary Icy Bay"

    『氷河日記 アイシーベイ』本日より発売になります。 氷河日記は、シーカヤックでのアラスカにおける氷河撮影のジャーナルで、これで3冊目の私家本とも言えるリトルプレスです。今回は500部だけ印刷しました。

    まずは展覧会の会場(箱根ポーラ美術館、THE NORTHFACE原宿 ALTER)と、Webサイトのみの販売になります。

  • 個展 「氷河日記 アイシーベイ」 開催のお知らせ Solo Exhibition "Glacier Diary Icy Bay"

    原宿に新しく出来たTHE NORTHFACEのお店 ALTERにて10日間ほど展示を致します。
    こちらは『氷河日記 アイシーベイ』の刊行を記念しての展示になります。久しぶりに「氷河日記」というアラスカ氷河撮影ジャーナルの本を500部限定で出版いたします。9月5日(木)には、レセプションもあります。晩夏の夜にビールを飲みにきてくださいませ。よろしくお願い申し上げます。

     

    氷河日記 アイシーベイ

    2019年 9月 5日thu – 16日mon Reception: 9月 5日thu 19:00–21:00
    THE NORTH FACE ALTER
    東京都渋谷区神宮前6丁目10 – 9 tel. 03 6427 1180

     

    Books 「氷河日記 アイシーベイ」

    発行 2019年9月5日 初版 500部限定
    デザイナー仁木順平
    協力・協賛 THE NORTH FACE

    Glacier Diary Icy Bay

    2019.9.5 thu – 16 mon Reception: 9.5 thu 19:00–21:00
    THE NORTH FACE ALTER

  • 翼の王国 8月号 TSUBASA -GLOBAL WINGS- august 2019

    ANAの機内誌『翼の王国』での建築探訪連載、Bauを巡る冒険。8月号ではフランク・ロイド・ライト設計の名作住宅、落水荘をたずねました。原稿はいつものように坂口恭平くん。もちろん多くの場所で語られている通り、建築自体の秀逸さもさることながら、廊下にひっそりと飾られていた、ディエゴ・リベラの絵など室内の家具や調度品の様々も必見です。機上の際にはぜひご覧ください。

  • 北海道の東川町で、屋外展示が始まりました。

    北海道の東川町で、屋外展示が始まりました。東川町町役場の外壁と広場を使っております。こちらは、東川賞の35周年記念の展示で8月29日まで展示されています。
    また、東川写真フェスティバル期間中の8月3日には公開ポートフォリオレビューのレビュワーとして参加も予定しております。よろしくお願い申し上げます。

  • 展覧会「シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート」 参加のお知らせ Exhibition "Syncopation: Contemporary encounters with the Modern Masters"

    ポーラ美術館で開催される以下の展覧会に参加しております。こちらは同美術館が開館以来初めて大規模な現代アート展示をおこなうもので、国内外12名の作家と、同美術館が所蔵するコレクションを一緒に展示する企画展になります。
    僕は、セザンヌの有名な静物画『砂糖壺、梨とテーブルクロス』ならびに、マグリット の『前兆』の絵画と共に、新作の『Gold Rush Alaska』それから、一連の氷河をモチーフにした大型のプリントを展示する予定です。隣の展示室は、なんとヴォルフガング・ティルマンス(!!)という、とても贅沢な(そして脅威な!)展示環境なので、今からとても楽しみです。写真作家は他に同じくドイツのカンディダ・ヘーファーが参加しております。展示期間も、3カ月と長いので、是非遊びにいらしてくださいませ。
    よろしくお願い申し上げます。

     

    シンコペーション:世紀の巨匠たちと現代アート

    2019.8.10sat – 12.1sun

    参加作家:オリヴァー・ビア、アブデルカデル・バンシャンマ、セレスト・ムジュノ、カンディダ・ヘーファー、石塚元太良、礒谷博史、アリシア・クワデ、スーザン・フィリップ、プリンツ・ゴラム、ヴォルフガング・ティルマンス、渡辺豊、横溝静

    主催:公益財団法人ポーラ美術振興財団、ポーラ美術館
    〒250-0631 神奈川県足柄下郡仙石原小塚山1285
    TEL0460-84-2111(代表)

    開館時間: 9:00 – 17:00(入館16:30まで)
    入館料: 大人1800円(シニア、学割あり)

    Syncopation: Contemporary encounters with the Modern Masters
    Aug. 10 (Sat)-Dec. 1 (Sun), 2019

  • BRUTUS No.897 決闘写真論

    発売中のBRUTAS写真特集。写真家の山本昌男さんと4pにわたり対談しております。山本さんは、日本ではあまり知られていない作家さんですが、欧米の写真マーケットでは大人気の方です。彼の八ヶ岳の暗室やスタジオも見学させて貰い、とても刺激を受けました。とまあ、僕が私淑していることもあり、特集表題の「決闘写真」とは程遠い内容ですが、お見かけしましたらご覧くださいませ。

  • The North Face Campfire Book

    撮影と執筆しております。
    4×5のカメラで40Pあるカットページを炎の揺らぎにあわせて、40カット撮影する。というなんというか「曲芸感」のある撮影しました。店頭でお見かけしたら手にとってご覧くださいませ。よろしくお願い申し上げます。

  • トークイベント「TRANSIT44 砂漠号 発売記念イベント 砂の惑星を彷徨って」 Talk Event "TRANSIT No.44"

    TRANSIT 44号発売記念イベントで、今週末の土曜夜にTRANSIT編集長の林沙代香さん、写真家の石田真澄さんと鼎談します。よろしくお願い申し上げます。

     

    今回は砂漠号の発売を記念して、最古の砂漠と呼ばれるナミブ砂漠を訪れた写真家の石塚元太良さんと、モンゴルの砂漠に生きる遊牧民の家族を撮影した石田真澄さんをゲストに招きトークイベントを行います。開催日は6月22日(土)、場所は二子玉川 蔦屋家電。何もない場所、過酷な世界のように思える砂漠に焦点を当て、一冊を通して見えてきたものについて、2人の写真家とTRANSIT編集部で対談します。

     

    「TRANSIT44 砂漠号 発売記念イベント 砂の惑星を彷徨って」
    日時: 2019年6月22日(土)
    19:00 – 21:00(開場18:45)
    会場: 二子玉川 蔦屋家電 2階 ダイニング
    住所: 東京都世田谷区玉川1-14-1 二子玉川ライズS.C. テラスマーケット
    定員: 80名
    参加条件: 「TRANSIT44号砂漠特集 イベント参加券込み」(税込1,944円)もしくは「イベント参加券」1,500円(税込)を二子玉川 蔦屋家電ECサイトで購入
    参加方法: 二子玉川 蔦屋家電のウェブページもしくは店頭、お電話(03-5491-8550)で申し込みいただけます。定員に達した場合、受付を終了いたします。

  • 翼の王国 6月号 TSUBASA -GLOBAL WINGS- June 2019

    翼の王国6月号 連載ページ『水と人とが出合うところ』では、今回西伊豆を巡りました。写真は、海上洞窟の天窓洞。旅の最後には新たな発見もあり、また近々赴くことになりそうです。機上の際にご覧になって頂けたら嬉しいです。よろしくお願いします。

  • グループ展 「ゼラチンシルバーセッション 2019」 開催のお知らせ Group Exhibition "The 10th Gelatin Silver Session 2019"

    4月26日より六本木AXISギャラリーで開催されるゼラチンシルバーセッションに参加しております。第10回目で今年で最後なんですね。よろしくお願い申し上げます。(5月2日の日に在廊を予定しております。)詳細はHPもしくは、2枚目の写真をご覧くださいませ。

    We have been participating in the gelatin silver session from April 26 at Roppongi AXIS Gallery.It is the tenth and the end of the year. Thank you in advance. (We are planning to be on the day of May 2nd.)Please see the HP or the second picture for details.